pico_usagi’s blog

つれづれ鑑賞記を引っ越し作業中です!

小早川秋聲について。

東京ステーションギャラリーで小早川秋聲展を見ました。

 

実際に見る前、小早川秋聲は有名な《國之盾》と、どうやら他の明治期風俗画家の記憶がごっちゃになっていたみたいで・・・、実は《國之盾》しか知らなかった画家でした。

 

なので、統一イメージがなかったわけですが、見終わった後も、なんというか、統一イメージが出しにくい作家だなぁ、と思いました。

実際、文展のそれなりの画家だった(らしい)のですが、1995年頃の戦争美術再評価の高まり期まで忘れられた画家だったそうな。

なんというか、あんまり師弟関係から読み解けない。

 

ただ、展覧会は見応えがあり、面白かったです。しかしまあ、振り幅もすごい(笑)。

 

人物描写とか、着彩とか、どうかすると「下手なのか?」と思うこともありますが、これまたどうかするとピッタリはまって、ものすごく「いい」絵だったりして・・・、評価しにくい画家だったんだろうな…とも。

 

《國之盾》で知られるくらいだから従軍画家なんですけれども、なんというか、初期(といっても30代くらいだからそこそこ中年)の作品を見ていると、なるほど、この人は生来のジャーナリスティックな眼の持ち主なんだな〜という気がしました。

 

あまり関係ないかもしれませんが、谷口香嶠の後に山元春挙に師事したそうで、春挙といえば円山派らしいツマンナイ雪松図なんかも描いたりするんだけど、写真を山水画にいち早く取り入れた人でもあり、その鮮烈な影響があったのかなぁ、とも思います。

 

そして、この時代の日本画家にしては珍しく(そして公職もなさそうなのに)、明治末〜大正期にかけてものすごい広い範囲で海外遊学してるなー、と思ったら、比較的裕福な家系らしい。

だから、あんまり画壇のしがらみもなかったのかもしれませんねえ。

ものすごい自由な描写が楽しい紀行画は見もの。そして、偏見かもしれませんが、裕福だからか(笑)、作品によってはものすごく砂子づかいが繊細で緻密で綺麗なんですよ。

 

実際には思ったほど《国之盾》には心は動かなかったのですが、それ以外の戦争画は、情景画、ヒューマニズム、リアリスムそれぞれの観点で沁みる作品が多く…。

 

図録も買いましたが、やはり実物の再現には印刷では限界があり、ぜひ、実物をご覧あれ。

 

ウンベルト・エーコ『プラハの墓場』

2年前、自分がプラハへ行くことが決まった時に、偶然見つけて、テンションを上げるために買った本ですが…、その後しばらく放置。

最近になってようやく読みました。

 

結論から言って、プラハの街はあんまり関係ありません。(笑)

 

最初、構造が分かりにくく、一気に読むことをしなかったので(登場人物を覚えにくい)、かなりしんどかったのですが、腹を括って読み直し、なるべく集中して読むことにしてようやく理解できましたワ。

 

エーコの小説を全て読んだわけではないですが、珍しく現代に近いところを扱っていますが、舞台は19世紀末の、ヨーロッパ。

 

いつも思うんですが、ヨーロッパ小説は(特に19−20世紀初頭)、ヨーロッパの大陸史を知らないと、ほんと読みにくいだろうな〜と思います。

プラハ」も、そういった意味では非常に象徴的。

 

同時期に必要に駆られて原田マハの小説を渋々読んだのですが、エーコと同時に読んでいくと、ほぼ同時代が舞台であっても、前者がいかにヨーロッパを表層的にしか掬い取っていない小説かがよく分かります。

 

全く現代っ子のイタリア人がどう考えているかは知りませんが、おそらく、エーコのような「20世紀」の人にとって、「イタリア」人というのはいない、といわれていることが当てはまるような気がします。

思えば、『薔薇の名前』も中世が舞台ではありますが、同じ目線を感じますね。

「20世紀のイタリア」が生まれる前の、イタリア半島の構図を思い出してみると、伝統的な「フランス」対「ドイツ※現在のドイツではなく神聖ローマ帝国」とヴァティカンという3者構造の、近代目前の総決算、というところ。

よって、主人公の北イタリア人が、イタリア統一運動に向けた急進派の父を遠くに、旧体制派の祖父に押し込められつつ成長し、奇妙な立ち位置でそれぞれの勢力に関与し、現在(老年期)はパリに住みフランス政府に関わる(といいつつ、ドイツ※これはプロイセン新ドイツ、ロシアに関わる)、というような背景も、ものすごく現実的。

 

一方で、ミュシャや19世紀美術で時々知る機会があって、現代の私には理解不能な、この時代の近代なのか前近代なのかよくわからない神秘主義の横行、同時に生まれたての共和主義の危うさ、急成長したジャーナリズムの功罪、などが、とにかくどっと描かれています。

 

はっきりいって主人公は悪人なので、その行動に感情移入するような類の小説にはなっていませんが、それでも、エーコが描きたかったのは、別にご自分のアイデンティティへのノスタルジーではないのは明らか。

エーコの本職が小説家ではなく、やはり「知識人」たるゆえんでしょうかね。

 

はっきりいって、これは現代の物語なのです。

 

「メディア」が近代の紙(週刊誌)から現代のインターネット(電子媒体)に変わっても、その源を左右するのは人間なのですよ。

その源にいる人間が、たとえ、最終的な事件の結果に対する関心がなかろうと、公正でない企みをもっている時、容易に、事件の結果に関与しうる、ということを、読者は読み解くべきなんだろうな〜、と思います。

 

やはり、恐るべし、エーコ

 

 

 

 

ウンベルト・エーコ『プラハの墓場』

2年前、自分がプラハへ行くことが決まった時に、偶然見つけて、テンションを上げるために買った本ですが…、その後しばらく放置。

最近になってようやく読みました。

 

結論から言って、プラハの街はあんまり関係ありません。(笑)

 

最初、構造が分かりにくく、一気に読むことをしなかったので(登場人物を覚えにくい)、かなりしんどかったのですが、腹を括って読み直し、なるべく集中して読むことにしてようやく理解できましたワ。

 

エーコの小説を全て読んだわけではないですが、珍しく現代に近いところを扱っていますが、舞台は19世紀末の、ヨーロッパ。

 

いつも思うんですが、ヨーロッパ小説は(特に19−20世紀初頭)、ヨーロッパの大陸史を知らないと、ほんと読みにくいだろうな〜と思います。

プラハ」も、そういった意味では非常に象徴的。

 

同時期に必要に駆られて原田マハの小説を渋々読んだのですが、エーコと同時に読んでいくと、ほぼ同時代が舞台であっても、前者がいかにヨーロッパを表層的にしか掬い取っていない小説かがよく分かります。

 

全く現代っ子のイタリア人がどう考えているかは知りませんが、おそらく、エーコのような「20世紀」の人にとって、「イタリア」人というのはいない、といわれていることが当てはまるような気がします。

思えば、『薔薇の名前』も中世が舞台ではありますが、同じ目線を感じますね。

「20世紀のイタリア」が生まれる前の、イタリア半島の構図を思い出してみると、伝統的な「フランス」対「ドイツ※現在のドイツではなく神聖ローマ帝国」とヴァティカンという3者構造の、近代目前の総決算、というところ。

よって、主人公の北イタリア人が、イタリア統一運動に向けた急進派の父を遠くに、旧体制派の祖父に押し込められつつ成長し、奇妙な立ち位置でそれぞれの勢力に関与し、現在(老年期)はパリに住みフランス政府に関わる(といいつつ、ドイツ※これはプロイセン新ドイツ、ロシアに関わる)、というような背景も、ものすごく現実的。

 

一方で、ミュシャや19世紀美術で時々知る機会があって、現代の私には理解不能な、この時代の近代なのか前近代なのかよくわからない神秘主義の横行、同時に生まれたての共和主義の危うさ、急成長したジャーナリズムの功罪、などが、とにかくどっと描かれています。

 

はっきりいって主人公は悪人なので、その行動に感情移入するような類の小説にはなっていませんが、それでも、エーコが描きたかったのは、別にご自分のアイデンティティへのノスタルジーではないのは明らか。

エーコの本職が小説家ではなく、やはり「知識人」たるゆえんでしょうかね。

 

はっきりいって、これは現代の物語なのです。

 

「メディア」が近代の紙(週刊誌)から現代のインターネット(電子媒体)に変わっても、その源を左右するのは人間なのですよ。

その源にいる人間が、たとえ、最終的な事件の結果に対する関心がなかろうと、公正でない企みをもっている時、容易に、事件の結果に関与しうる、ということを、読者は読み解くべきなんだろうな〜、と思います。

 

やはり、恐るべし、エーコ

 

 

 

 

モーリス・ベジャール・バレエ団2021公演

コロナ禍、舞台に立つ仕事の人はいかに困難だろうなぁ、と思う日々。

バレエ公演は無論、海外のバレエ団を見ることもまだまだ先だろうな…、と思っていたところ。

 

偶然、モーリス・ベジャール・バレエ団の来日公演を知りました。公演から約2週間前の話。

 

丁度、10月10日までで終わってしまう、写真美術館での山城知佳子展を見に行くタイミングを測っていたので、かつ、全幕ものの「バレエ・フォー・ライフ」は昔ですが見たことがあるので、3演目ボレロ公演の方へ行ってきました。

 

さて。

 

ボレロのキャストが直前まで発表されなかったので、選択肢がなかったのですが、結果として、エリザベット・ロス様のメロディの日になりました。

 

ボレロの実見は3人目のダンサー、でも男性のメロディを実見したことがなかったので、どちらかというとジュリアン・ファブロー(呼び捨て)を見たかったなぁ…。

 

まず最初、ジル・ロマンの「人はいつでも夢想する」。

ジルの振り付けは「アリア」から2回目。

 

…結論からいって、ジルは私と合わないかも。

「アリア」もそうだったのですが、ジルがその振り付けで「何を」したいのかがわからない。

ベジャールと同じく、「音楽に振りを」と語っておられますが、ジルには構成が感じられない。

そのようなものを意識しておらず、むしろアンチ文脈の前衛派なのかも知れないが…。分かり合えるところがないので、なかなかにきつい1時間に。

 

ちなみに、すっかり世代がわりしていて相変わらずダンサーがよくわからないのだけれど、個人的にはルロイ・モクハトレという南アフリカ出身の男性ダンサーが良かったと思います。

 

小柄なため、ほかの演目では女性とのペアがかなり不利に見えましたが、「人は…」では男性同士のパドドゥがあり、その身体の柔らかさが中性的で、なんとも魅力的。

この人を生かす振り(演目)があればいいなぁ、と夢想(笑)。

 

一方、ベジャールの「ブレルとバルバラ」は、全く歌詞がわからないシャンソンではあるけれど、音楽と振り、構成から、ベジャールの歌手と音楽との解釈とリスペクトがわかるから面白い。

 

ギエム姐さんが引退した(先日、ダニール・シムキンがインタヴュアーを務めた姐さんの近影動画を見ました。興味深いです)昨今、私的に最後のミューズ・ロス様は、1997年にベジャール・バレエ入団で、意外とベジャールと共にした時間は短いのかもしれないけれど、ベジャールの晩年の作品には欠かせない女優性を感じるのだよなぁ…。

 

また再会できて、ほんと、夢のようです。

 

それにしても、3時間近い幕の全演目にロス様はご出演なされていて、お、お疲れが出ませんように…。

 

さて、トリの「ボレロ

ロス様のメロディは以前映像でも見たことがあって、なんというか、あまりにも中性的・無感情的でかえって神々しい様が実はあんまり…と思ったことがあったのですが、東京バレエではなく多国籍からなるリズムとの響き合いを楽しみにしていました。

 

しかし…。

今回はライティングがあまり上手くなかったのかな…。

冒頭が手首のみ照らす、というのがお決まりのパターンですが、それにしても全体がうっすら見える明るさで、劇的度合いが減少。

なんだかね。

 

そしてね。やはりロス様のメロディは淡々持ち味で、かつ、今まで実見してきたダンサーが長髪だったのに対し、短髪のロス様には、盛り上がり時の激情の演出性が薄く…。

「動」の楽しみとしては、7月に見た上野水香さんの方があって、また、同カンパニーのリズムたちとの響き合いもあまり感じられなく。

 

ロス様の淡々具合は超人的、その個性としては興味深いけど、心動く度合いは今回ちょっと少なく、それが残念。

 

…とまあ、こんな感じの感想を書いていますが、とにかく、今、舞台を見られたことは本当に感動的。

感謝してマウス。

 

 

 

 

 

「マイヤリング」を観る。

マクミランの「マイヤリング」がどういうわけかAmazon検索上位にきていたので、ムハメドフを超えるものはないだろうな…と思ったのですが、エドワード・ワトソン主演版を買いました。

ちなみに、ロイヤルは男性プリンシパルが今ひとつ、有名人がいない、というか知らない。ワトソンも初見。

概ね、ストーリは忘れていましたが、フランツ・ヨーゼフ1世周辺の事情にわけあって詳しいので、なんとかなりました。

しかし、登場の瞬間からルドルフ皇太子は不幸と苦悩に満ち溢れているので、いったい、この2時間をどう見せてくれるのか気が重くなりましたが、果たして、一貫して気が重いステージだった。

いつか実見してみたい演目上位にあるものの、これほど、見るのがしんどい演目はありません。

しかしまあ、心理面はひたすら苦悩と冷厳と狂気と世紀末なので、なんですが、とにかく、マクミラン真骨頂ともいうべき複雑なリフトはかなりの見応え。

心躍る「素敵」感は皆無ですが、男女とも、とにかくリフトがすごいわ…。

 

…と、こんなに気の重い演目なのに、なんと、2本見比べやってしまいましたよ…。

比較になるのはムハメドフ主演の1994年上演の映像。

 

ハメドフははっきりいって、むしろ皇帝然としているので(イワン雷帝とかね)、ダメな坊ちゃん皇太子としてはワトソン君の方がリアリティあります(笑)。

身体的技巧より文学的な振りが「マイヤリング」の持ち味なので、この点はワトソン皇太子優位。

 

ハメドフ版は初見の時、レスリー・コリアのラリシュ夫人がイマイチおばさんぽくて(髪型のせいもあり)馴染めなかったのだけれど、自分も歳をとったせいか、若い愛人を繋ぎ止めようとする悲哀感はそれなりにわかるように。

 

しかしなぁ、やっぱりマリー・ヴェツェラはヴィヴィアンナ・デュランテを超えるのはなかなか難しい。ワトソン版のマーラー・ガレアッツイは名前から想像するに同じイタリア系と思われるけど、ちょっとイモっぽい。

もちろん、実際のマリーもどちらかというとお芋さんなんだけど…、登場した時(実は2回目なのだけど)の劇的さが…、減少。

 

全体的にはスターが多いのはムハメドフ版ですが(廷臣役にアダム・クーパーもいる。あと、クレジットがないけど、神父役はマクミランでは…?)、ワトソン版の方が、配役全体のバランスはいい。

 

女性の重要な役が多くて、実際、女性の主役は誰かがわかりにくい「マイヤリンク」ですが、今まではお飾りだと思っていたステファニー王女役も、実際、初夜のリフトがものすごくって、これもなかなか実力がないとできない役どころなのが、今回わかりました。

 

しかし実見するには…、今後の配役が悩ましい演目ですね。

且つ、観て一ミリも心躍ることのない演目だし…。

ギリシアの思い出

f:id:pico_usagi:20210724110913j:plain

クレタ島1996

 先日ベジャールの「ギリシアの踊り」を観て、思い出したのが「ギリシア」と「海」と「岩」と。

 

 学生時代、夏休みの一ヶ月をヨーロッパバックパック旅行へ行き、10日間をギリシアで過ごしました。

 

 初めての海外旅行で、往復(といっても、アテネ・イン、パリ・アウト)の航空券と初日のユースホステルの予約、イタリアレールパスのみを持った、友人と2人個人旅行。当時はインターネットがない時代(あったけど、今の普及の比じゃない)、最近なくなったというトーマス・クックの時刻表と「地球の歩き方」のクチコミを頼りに、よく行ったものです。

 

 ギリシアアテネクレタ島サントリーニ島とフェリー3等の旅(当然デッキ席)、最後はイタリアに渡るため、国鉄に乗って陸を通り、ペロポネソス半島のパトラという港町を巡りました。

 

 当時は車の免許も持っていなかったので、ほぼバスの旅。学生ですから、タクシーという選択はない。

 だから、行ける場所も限られていて、ヨーロッパはそれほどバスが頻繁に通らないものですから、この写真を撮った時のように、何にもできない時間はただぼーっと、海と岩と荒地(乾燥しているので)のギリシアを眺めるしかありませんでした。

 

 ちなみに、今は知りませんが、当時はギリシアでは英語はそんなに共通語でなく、むしろ、出稼ぎの関係か、ドイツ語との2ヶ国語表記をよく見ました。ユーロ通貨ではなく、ドラクマの時代。

 

 私も友人も西洋文化史の専攻学生だった為、旅行の目的地を決めるときはすんなり「ギリシア!」(西洋文明の発祥地として)を選んだのですが、行ってみると、案外、同時代のギリシアという国を知らなかったなぁ、としみじみ思った記憶があります。

 

 そして思った以上に、ヨーロッパにおいては東方的。キリスト教世界とイスラム的東方の最前線だし、思った以上に、古代よりもその時代の影が濃い。

 そして、私が学生だった1990年代は、旧ユーゴスラビアの内戦があった時代。バルカンの政情を扱った映画も多く、感化を受けた年代です。

 アンゲロプロス監督の映画のような、やや詩文的な隠喩もありますが、あの感じがギリシアの現代だなぁ、と思う。

 

 ベジャールのバレエが海の音(あれは「波の音」ではない)と、海の擬態からステージが始まったとき、なんというか、こうした記憶が文字通りぶあーっと、思い出されたわけです。

 

 そして、哀愁漂う音楽。

 

 同時代的なギリシア音楽を全く知らなかったので、ただ遺跡の野外公演を見たいというだけでチケットを買った上演の演目が、そうしたギリシア音楽だったので(キリル文字が読めないので)、日々ロックとかポップスとか、アメリカ由来の音楽に馴染んでいた若者にとって、現代(当時)の音楽として民族音楽が基調だったことはかなり衝撃的でした。

 

 ベジャールの使用する音楽も、ハプシコート?かなにか、弦楽器の音がそうした記憶をすごく呼び覚まして、なんというか、私は西洋人ではないけれど、人間の始源をふと思い出すのがギリシアなのだな〜、と。

 

 ベジャールの振り付けを通して、今回はそんなことをしみじみ思いました。

ボレロのこと。

コロナ禍の厳しき産業(B系)に従事しておりますが、舞台の人は本当にご苦労、だと思います。

 

私も昨年のパリ・オペラ座の公演を最後に、ほぼ皆無の観劇状況。

オリンピック効果で名だたる海外バレエ団の日本公演が予定されていた昨年の状況は一気に鎮静化して、いつまたあの引っ越し大公演がみられるのか、全くこの先の見通しはわからないですね。

 

そんな中、県内の劇場が何件かダンス公演を再開したことがわかり、東京バレエ団の巡業公演へ行ってきました。

その名も「ホープジャパン」。

 

ホープ…」といえばちょうど十年(正確には9年)のギエム姐さんの東日本大震災後の慰問大ツアーと同じ題目ですよ。

 

2012年の公演も観ており、このブログのどこかに眠っているはずですが、ちょうど一度ボレロを封印したギエム様が、被災者を勇気づけるためにその封印を解いた、とか何かが売り文句でしたが、その言葉通り、本当に「神の如く」の公演だったことを覚えています。

 

それをまあ、ツアー名もさることながら、同じ「ボレロ」をぶつけてきた東京バレエ団、というか上野水香の豪胆さには全く、唖然、ですが、本当に貴重になった機会ですから、行くことにしました。

 

結論。すごくよかったです。

 

演目の「ギリシャの踊り」は、別に思うところあり、またの機会に書くとして、「パキータ」は演目自体がなんだかな、というものですが、主役の宮川新大というダンサーは東京バレエ団男子にしては珍しく(失礼!)クラシックの軸がまっすぐ綺麗で柔らかくて、全幕者で見たいなー、と思いました。

 

とまれ、上野水香の「ボレロ」。

 

この人に対する懐疑的な思いは以前書いたのですが、ボレロで見れてよかったなーと思える内容。

メロディとリズムの調和も、さすが同じ(※上野さんは元々は牧阿佐美バレヱ団出身ですが)カンパニー、という感じですが、メロディにあるべき支配力、なのに「無」の感じ、のための身体能力・円熟と、バレエに生きる人たちの熱量がちょうどの感じで、まさに今しか見られない、という迫力のある舞台でした。

 

それにしても、ベジャールの「ボレロ」は、今まで実見したのがギエムのみ、ほか、映像で見たのがプリセツカヤ様、マリシア・ハイデ(呼び捨て)、エリザベット・ロス様と、ジュリアン・ファブロー、ジョルジュ・ドンなのですが、男性陣は知らんが(もともと、メロディは女性巫女)、女性陣は何故か40〜50代で踊っているのを見ることが多く、一般に言えばダンサーの身体的ピークを超えている年代なのですが、この方がかえって、その円熟の凄みを味わえるような気がする。

 

上野水香も、手足が非常に長く、身体性にも優れ、というのは昔からだったのだけれど、今ひとつ感動味に欠けるダンサーだなぁ、と思っていたのですが、40代という、ダンサーとしてはもう若くない時期にさしかかって、その表現の円熟がみられ、これからも頑張ってほしいなぁ、と思った次第。